Javascriptの配列のいろいろなメソッドまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

javascriptで配列を操作するメソッドをまとめてみます。
1つずつ処理を確認していきます。

配列.push(追加したいデータ)

.push()は対象の配列の末尾に指定したデータを追加することができます。

var array = ['あ','い','う','え','お'];
array.push('か');
console.log(array); // ["あ","い","う","え","お","か"]

配列.pop(削除したいデータ)

.pop()は対象の配列の末尾の1つを削除します。
.push()とは違い()の中には何も記述はしません。
.pop()削除したデータを変数に保存することもできます。

var array = ['あ','い','う','え','お'];
var text = array.pop();
console.log(array); // ["あ", "い", "う", "え"]
console.log('削除したのは「'+text+'」です。'); // 削除したのは「お」です。

配列.unshift(追加したいデータ)

配列の先頭にデータを追加する場合.unshift()を使います。

var array = ['あ','い','う','え','お'];
var text = array.unshift('ん');
console.log(array); // ["ん", "あ", "い", "う", "え", "お"]

配列.shift()

配列の先頭のデータを削除する場合.shift()を使います。

var array = ['あ','い','う','え','お'];
var text = array.shift();
console.log(array); // ["い", "う", "え", "お"]
console.log('削除したのは「'+text+'」です。'); // 削除したのは「あ」です。

配列.concat(配列A,配列B,…)

配列Aと配列Bを結合して新しい配列を作ります。

var array01 = ['あ','い'];
var array02 = ['う','え'];
var array03 = ['お'];
var array = array01.concat(array02,array03);
console.log(array); // ["あ", "い", "う", "え", "お"]

配列.toString()

配列のデータを「,(カンマ)」で区切って文字列にします。

var array = ["あ", "い", "う", "え", "お"];
var array = array.toString();
console.log(array); // あ,い,う,え,お
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA